憲法史と憲法解釈 - 大石眞

憲法史と憲法解釈

Add: utivolys42 - Date: 2020-12-04 13:21:06 - Views: 4649 - Clicks: 237

『憲法史と憲法解釈』(信山社、年) 『議会法』(有斐閣、年) 『首相公選を考える』(共編著・中央公論新社、年) 『日本憲法史〈第2版〉』(有斐閣、年) 『憲法秩序への展望』(有斐閣、年). 1:憲法の意味・解釈(第Ⅰ部) 2:基本権と権利保障(第Ⅱ部) 3:統治の原理と組織(第Ⅲ部) コメント 本書の編者の大石眞氏は、昨年の安保論争の時も静観を守っており、どちらかというと集団的自衛権は違憲ではない、という孤高の憲法学者です。. 大石 眞 (おおいし まこと、1951年 8月30日 - ) は、日本の法学者。 京都大学 名誉教授 。 学位 は 法学博士 ( 東北大学 ・ 1986年 )。. 9 大石 (註4)。 大石眞 「日本国憲法と集団的自衛権」 同 『統治機構の憲法構想』 (法律文化社、 年) 84頁は、 この問題を 「憲法の沈黙に伴う観念包摂の問 題」 と呼んでいる。 本稿は、 同論考で示されたこの論点について、 公法学がよ. 著:大石 眞(オオイシ マコト) 1951年宮崎県生まれ。東北大学法学部卒業。専門は憲法学、議会法、憲法史。九州大学教授、京都大学教授等を経て京都大学名誉教授。.

憲法と聞いて条文化された憲法典を基にした理想的な規範を思い浮かべる人は多い。本講義は、そうした憲法典の規定のみから想定されたあるべき憲法のイメージによることなく、国政の組織・内容・手続に関する原理や規範はどのようなものかという問いとともに、その実際の運用. Amazonで大石 眞の日本憲法史 (講談社学術文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。大石 眞作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 憲法史と憲法解釈 大石眞著 (日本憲法史叢書, 5) 信山社出版, 大学図書 (発売),. 憲法史と憲法解釈 フォーマット: 図書 責任表示: 大石眞著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 信山社出版 東京 : 大学図書 (発売),. 『日本憲法史』(大石眞) のみんなのレビュー・感想ページです。作品紹介・あらすじ:本書は、わが国の憲法の歩みを体系的に概説しようとする試みである。いわゆる不平等条約の締結から明治憲法および現行日本国憲法の制定・運用を経て、現代憲政史の動向までを取り扱い、憲法史上の. ⑨「独逸学再考」:瀧井一博 「日本. 日本憲法史 (講談社学術文庫) 新刊 著者 大石眞 (著).

植原悦二郎 著 ; 高坂邦彦, 長尾龍一編. ⑦「明治憲法と大学自治」:伊藤孝夫 「渡辺宗太郎の憲法理論」:井口文男. 10 形態: vi, 266p ; 20cm ISBN:シリーズ名: 日本憲法史叢書 ; 5 著者名: 大石, 眞(1951-) 書誌ID: BA49128862. 10 形態: vi, 266p ; 20cm 著者名: 大石, 眞(1951-) シリーズ名: 日本憲法史叢書 ; 5 書誌ID: BAISBN:. 所属 (現在):京都大学,法学研究科,名誉教授, 研究分野:公法学,新領域法学,日本史,小区分03020:日本史関連,小区分05020:公法学関連, キーワード:憲法史,議会事務局,信教の自由,公法学,政治学,議会法,議会先例,議院事務局,河井弥八,議会政治, 研究課題数:7, 研究成果数:25, 継続中の課題:葬送. 京都大学教育研究活動データベース大石眞; 京都大学教員紹介大石眞; 京都大学大石眞; 京大生協広報誌らいふすてーじ acade見ic №148. 憲法史と憲法解釈 フォーマット: 図書 責任表示: 大石眞著 出版情報: 東京 : 信山社出版 東京 : 大学図書 (発売),. Amazonで大石 眞の憲法史と憲法解釈 (日本憲法史叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。大石 眞作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

大石 眞 、 大沢. See full list on d3b. 29ポイント(1%). 大石眞氏 私は、自民党を支持しているわけではない。民主党や共産党とも付き合いはある。昨今の事情をみていると、もう少し民主党が何とかならないかと思っている。. そういう意味でも、宗教的な情操教育は大切だと私は思います。公教育の場でも、本当をいえば、宗教という「私事」の大切さやその公的使命を説く機会がなくてはならないでしょう。しかし、宗教の持つ優れた情操面を子どもたちに伝えていく教育は公立教育においては皆無です。 例をあげれば、多くの生徒たちが修学旅行で京都や奈良を訪れますが、文化遺産としての表層の解説を先生方はするだけで、その背後にある宗教的な精神性については少しも触れようとしないのが現実です。ですから、せっかく京都や奈良まで来ても、得られるものが少ないのです。大人になって、ようやくその意味が分かるようになった方が多いのではないかと思います。学校教育のなかでこそ、優れた宗教的精神を培っていけるのにと惜しまれます。 奈良・平安・鎌倉に至る仏教の大きな流れと内容を学ぶこと、教えることは、文化史としても何も問題がないはずです。ところが、公立教育において、そういう面に言及することが、特定の仏教という宗教を宣揚することにつながるとの誤解が教育者側に根強くあるのかもしれませんが、それは憲法の誤解です。 公立学校の先生方が、宗教の内容について教えることが憲法違反だというような考えを抱いているとすれば、是正していく必要があります。宗教的情操教育について、真剣に考える時が来たのではないでしょうか。 <月刊誌『第三文明』2012年4月号より転載>.

『日本憲法史 (講談社学術文庫)』(大石眞) のみんなのレビュー・感想ページです。作品紹介・あらすじ:幕末の不平等条約から大日本帝国憲法の制定、そして敗戦を経て日本国憲法の公布、サンフランシスコ平和条約による主権回復まで、成立の過程、運用の紆余曲折、思想と解釈の変遷を膨大. 安全保障法制の議論の過程では、違憲だと主張した憲法学者が多く出てきました。その中には過去において、集団的自衛権の行使に賛成していた人もいました。憲法9条に照らして違憲だと主張するのであれば、一貫して違憲を主張するのが筋ですが、賛成派から反対派へと急に転じたことは不思議です。 また、もう一つ不思議に感じたことは、政府が法案を出した際に「解釈の変更はけしからん」といった声があがったことです。これは憲法9条だから解釈変更が道理にはずれるといっているのか、そもそも政府が見解を変更すること自体がけしからんといっているのかに分かれますが、話を聞いてみると後者だという人たちが少なくありません。私はこうした後者の主張に対しては非常に懐疑的です。 なぜなら、政府は憲法制定時に解釈を作るとともに、これまでにも法案の提出に当たって何度も解釈を練り上げてきました。ですから、そのもともとの憲法制定時やその後の解釈もけしからんというのなら理解できますが、以前の解釈や変更はよいが、今回の変更はダメだというのはおかしな話です。そもそもある種の憲法解釈を前提にしなければ、およそ法案など何も出せなくなってしまいます。それでは内閣法制局の役割もなくなってしまいます。 内閣法制局が解釈をころころと変えることを危惧する声もありましたが、そんなことをして内閣が自らを脅かすようなことは現実に考えられません。にもかかわらず、あまりにも野党がそのことに言及しているさまを見ると、実は、自分たちが解釈を変えたいのではないかと勘ぐりたくなるくらいです。 ともあれ、今回(2014年7月)の政府解釈に関しては、限りなく個別的自衛権に近い範疇の話であると思いますし、野放しに自衛隊を派遣するような話ではないわけですから、それを大転換だと批判したことは不思議です。 過去に賛成していた憲法学者がなぜ途中で主張を転じたのか、実際のところは不明ですが、そこにはある種の〝政権に対するスタンス〟が垣間見られます。しかし、我々研究者としては、特定の政権へのスタンスでものを言うべきではありません。もし、そこを誤ってしまえば、学者や研究者としての範囲を逸脱することになります。 憲法学者に求められることは、国民の生命・自由や財産などを守るという前提の下に、時代とともに変化する規範を、現実の出来事に適切にあてはめていく、そうした責任ある解釈者の. にいとまがないが、ここでは、憲法史の観点から重要と思われる事件のみを取 り上げる。 我が国の憲法史について、多くの解説書は、その起源を明治維新に求めて いる。大石眞・京都大学教授によれば、その理由は、以下の四点である。. 安保法制と憲法9条の関係で重要だと感じた点は、9条を解釈する作法の問題です。残念ながら、このことについてマスコミは一切触れていませんでした。 憲法あるいは憲法の起草者・制定者は、過去にあった事象に対して判断や評価を行うわけですから、憲法の条項はそれを踏まえて作られています。ですから、憲法が作られた時に起こったことがない事象に対して、どのように考えていたかを想像し、断定することは、普通では考えられないことです。 日本国憲法制定時に観念されていた自衛権については、軍国主義を経験した上から侵略戦争を非とする個別的自衛権だけを認めるものであったことはいうまでもありません。一方で、日本が国連憲章を国内法化して国際連合に加盟したのが、1956年の日ソ共同宣言の直後であったことから、国連憲章の51条に謳われている「個別的及び集団的自衛の固有の権利」の意義や集団的自衛権と憲法との関係について、憲法制定時の段階で明確な認識を共有していたとはとうてい考えにくいと思います。 つまり、憲法9条によって、個別的自衛権の在り方については、明確な態度決定を示したと考えることができますが、集団的自衛権の問題については、一義的で明確な規範を定めたものではないと考える余地があるということです。 憲法解釈は安定しているほうが望ましいとは思いますが、国内的に完結する規範とちがって、第9条の平和主義は国際情勢に左右される面が強く、それを取り巻く国際環境は絶えず変化しています。実際、PKO(国連平和維持活動)のように、憲法制定時には予想もしなかった事象が生じてくるのが事実です。賛成派・反対派に共通するのは、条文があれば過度に依拠し、条文がなければすべて否認するという意味で、条文至上主義があるように思いますが、そうした姿勢では不十分です。 憲法改正の手続きが定められているのも、〝憲法がすべてお見通し〟というわけではないからです。だからこそ、少し引いた目線で見ながら解釈変更の余地を残し、国際情勢を踏まえながら憲法の規範との整合性を取っていくことが、望ましい憲法解釈の作法であると考えます。 私のスタンスとしては、憲法制定の後に出てきた事象については、明確に禁止規定がない以上は、一義的に違憲とも合憲ともいえる筋合いのものではなく、その意味で違憲とはいえない以上は合憲であるという考えです。こうした観点が憲法解釈の. ⑧「明治議員規則の制定過程」:赤坂幸一 「寄付募集活動規制条例の憲法史」:田近肇. 大石 眞 (おおいし まこと、1951年 8月30日 - ) は、日本の法学者。学位は法学博士(東北大学・1986年)。専門は、憲法学、議会法、宗教法、憲法史。京都大学 名誉教授。宮崎県出身。.

4 日本憲法史叢書 9 所蔵館53館. 安保法制の議論において、その中身が深まらなかったことはたいへん残念でした。野党は「戦争法案」とレッテルを貼りましたが、「戦争法案」などという国民を惑わすようなネーミングを国民の代表である国会議員が使うべきではなかったと思います。また、安保法制を審議する委員会の場で野党議員が報道カメラに向けてプラカードを掲げる姿が見られましたが、街頭行動と同じことを言論の府の中で平然と行っていたことも、きわめて違和感のある行動でした。さらに、違和感といえば、安倍首相のヤジなども品性に欠けるもので、首相としては控えてほしかったと思います。 いずれにしても、こうした野党の批判を招き、中身の議論が進まなかった要因として、政府の説明の下手さがあったと思います。特に政府が今回の安保法制の必要性を説明するQ&Aの中で、ホルムズ海峡での機雷掃海を具体的な事例として挙げたことなどは、議論の道筋を誤らせる大きな原因になったと思います。普通に考えれば、ホルムズ海峡で起こったことが日本の存立を直ちに脅かす事態になるとは想像しがたいものです。 本来、法案の合憲性などの問題と具体的な事象へのあてはめの問題は、別のことがらであるのに、想像しがたい事例を持ちだしたことによって、それが表に出過ぎ、自衛隊がどんどん海外に出ていくかのような印象を与えてしまいました。ごく一部の一つのあてはめが、法案そのものの中身であるかのように誤解を招いてしまったことは、今回の議論における政府側の大きなミスであったと思います。 その中にあって、公明党の山口代表は与党側の質問に立ち、「ホルムズ海峡は想定せず」ということの確認を政府からとり、撤回させましたが、このように多くの人が誤解しかねない部分を問いただしていく姿勢が与党の中にあったことは、評価されるべきです。 ともあれ、今回起こった一部の野党・マスコミによる反対の大合唱は、昔の安保闘争の時にも同じように起こりましたし、消費税の導入やPKO法案の審議の時などにも起こりました。大局的に見ると、同じことの繰り返しのようにも感じます。 これらがいずれも時間の経過とともに、多くの人から評価を得ていったことを考えると、今回の安保法制についても一定の期間の経過とともに評価されていくものだと思います。 ただ、日本を取り巻く国際環境の変化やこれに伴う海域での緊張などというものは、多くの国民にとって. は憲法史。日本や外国の憲法の制定過程・背 景といった歴史についてです。日本国憲法の 条文の解釈をすることはごく当たり前の話で すから、憲法全般をにらみながらの個別領域 として以上のように議会制度・宗教制度・憲 法史という3本の柱で研究を. 憲法史と憲法解釈 - 大石真 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

信山社出版, 大学図書 (発売). 単行本 ¥2,860 ¥2,860. 「憲法学・立法学」 憲法史と憲法解釈 - 大石眞 1951年(昭26)宮崎県生まれ。 1974年(同49)3月に東北大学法学部を卒業した後、同大学の助手(同50)を経て、1979年(同54)4月に國學院大学法学部専任講師に着任。. 2011年3月11日に発生した東日本大震災では数多くの方々が亡くなられました。なかでも遺体となって発見された身元不明の犠牲者をどう供養していくかで、地方自治体が憲法の定める政教分離の原則に抵触することを理由に苦慮しています。 報道によれば、仙台市青葉区の市営墓園に身元不明の24人の遺骨が、簡素なプレハブの建物にひっそりと置かれ、見届けたのは市職員ら12人のみ。読経もなければ、祈りの言葉もなかったのだといいます。職員の焼香すらありませんでした。 仏教会から読経の申し入れがあったものの、市側は政教分離を理由に「市職員と宗教者が同席することはできない」と申し入れを断りました。さらには、「仏教の概念だから」と「四十九日」の合同供養も見送ったのです。 日本国憲法は、信教の自由を保障するために、政治に宗教的中立性を求める政教分離を定めています。国や地方自治体が特定の宗教団体に特権を与えたり、自ら宗教活動を行うことを禁じています。 しかし、憲法が規定する「宗教活動」に当たるのは、宗教的意義を持ち、特定の宗教に対する援助や助長になる行為です。故人を供養するための読経の場に公務員が同席したり、自治体主催の合同供養などは、憲法が禁じる「宗教活動」に当たりません。公務員の焼香まで自粛するというのは、一種の過剰反応ではないでしょうか。これは、憲法問題などではなく、一般常識の範囲内のことなのです。同じ宮城県の塩釜市では、古くから海で引き揚げた遺体を受け入れてきた歴史があり、以前から盆には、無縁仏の合同供養を行ってきた経緯があります。 死者に対して尊厳の念を抱くことは、きわめて当然のことです。手厚く見送ることが、残された私たちの責務であり、身元不明のご遺体は、公的機関が対応するしかない現実にもかかわらず、憲法が壁になって、死者への畏敬の念を欠くという事態を招来してしまっていることは残念でなりません。. See full list on ndl. 憲法史と憲法解釈 (日本憲法史叢書) 大石 眞 | /12/1. 本書は、わが国の憲法の歩みを体系的に概説しようとする試みである。いわゆる不平等条約の締結から明治憲法および現行日本国憲法の制定・運用を経て、現代憲政史の動向までを取り扱い、憲法史上のいろいろな出来事や主要な関係法令・制度について、立憲主義の生成と展開という視点から. 大石眞先生が、10月中旬に『憲法講義Ⅱ』の第2版を刊行されます。 ページ数が大幅に増量されるようです。 今日は、大石先生の討論を視聴しました。 大震災と統治機構 徹底討論憲法は今① ② ③ ④.

Online ISSN :Print ISSN :ISSN-L :. Amazonで大石 眞の日本憲法史。アマゾンならポイント還元本が多数。大石 眞作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 『憲法改革の理念と展開 大石眞先生還暦記念〔上巻〕・〔下巻〕』(信山社,年) 外部リンク.

日本憲法史 - 大石眞/〔著〕 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。. 憲法における政教分離というものは、決して観念的なものではありません。たとえば、アメリカ合衆国では、お金に「我々は神を信じる」と記されています。大統領は就任時に聖書に手を置いて宣誓します。フランスでは最高裁判所に隣接して大きなカトリックの教会があり、そこで催されるコンサートには最高裁の建物を通って行ったりしています。 だからといって、米国やフランスが政治と宗教が癒着した政教一致であるというような考えは一切されていません。日本で考えられるような観念的なものではなく、日常的な生活のなかで宗教をとらえているのです。 いわゆる政教分離の原則に立つアメリカ合衆国とフランスでは、用語としても明確に「教会と国家の分離」と表され、政治の領域からあらゆる宗教色を排除するというニュアンスを持つものではありません。 日本国憲法が政教分離を定めているのは、「政権(国家)」と「教権(宗教団体)」の分離であって、宗教と政治がまったく関係を持ってはならないという意味ではありません。政治と宗教はもともとある現象ですから、分離できるはずがないのです。政治権力が特定の宗教を国教としたり、宗教が国政の決定権を持ったりすることを否定するものです。 政教分離というと、「政党と創価学会の関係で政教分離がなされていないから憲法違反だ」というような発言がまことしやかになされます。これは、多くの人がいわれるように、誤っています。政党は国の機関そのものではありませんから、そもそも憲法でいう「政教分離」の対象ではないのです。 政教分離は、「私たちの生活のなかから宗教を追い出せ」というものではないのです。宗教なき世界というのは考えられません。 どうも、我が国における「政教分離」論の根底には、あたかも憲法が無宗教、もっといえば非宗教であることを大前提にしているのだという誤解があります。 それは、多くのマスコミも同様です。今回の東日本大震災も、阪神・淡路大震災においても、多くの宗教団体が熱心に被災地救援活動を展開しています。創価学会もそうです。頭の下がる崇高な行いなのですが、そうした事実をマスコミはほとんど報道しません。組織的、継続的に社会のために行っている活動を一切報じない姿勢には大きな疑問を感じます。. 著者「大石眞」のおすすめランキングです。大石眞のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1951年宮崎県生まれ。東北大学法学部卒業。専門は憲法学、議会法、.

憲法史と憲法解釈 - 大石眞

email: xygev@gmail.com - phone:(637) 288-7061 x 3709

実力試験客観テスト現代文 - 長嶋正久 - 福井県高校入試模擬テスト

-> 3時間でわかる論文の書き方入門 - 乾一
-> 海嘯 - 中島みゆき

憲法史と憲法解釈 - 大石眞 - 一問一答 伊藤真が選んだ


Sitemap 1

日経ビジネス手帳 2014 - 日本経済新聞出版社 - 電気亜鉛めっき技術 青江徹博