それがぼくには楽しかったから - リーナス トーバルズ

リーナス トーバルズ それがぼくには楽しかったから

Add: yqezarum82 - Date: 2020-12-16 12:06:44 - Views: 2961 - Clicks: 1779

5 それがぼくには楽しかったから - リーナス トーバルズ 形態: 383p ; 20cm 著者名:. リーナス・トーバルズ 社会的な認知 Linuxファンの中にはリーナスを神のごとく崇め奉っているものも多いが、彼自身は自著"Just For Fun"(邦題『それがぼくには楽しかったから』)の中でそういう対応に困惑しており迷惑. それがぼくには楽しかったから : 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 Format: Book Responsibility: リーナス・トーバルズ ; デイビッド・ダイヤモンド著 ; 風見潤訳 Language: Japanese Published: 東京 : 小学館プロダクション,. 18リーナス トーバルズ デビッド ダイヤモンド 風見 潤 小学館プロダクション (/05/10)売り上げランキング: 73,349おすすめ度の平均: 仕事楽しい? すばらしい彼の人生 翻訳に難ありかなぁAmazon.

リナックス革命の真実 それがぼくには楽しかったから ’01 リーナス・トーバルズ Linux開発者 送料無料 このオークションは終了しています. それがぼくには楽しかったからposted with amazlet on 06. 著 リーナス・トーバルズ+デイビッド・ダイヤモンド 訳 風見 潤 監修 中島 洋 発行 小学館プロダクション 価格 1,800円+税: リナックスを開発したこのフィンランド人プログラマーについて、初めて詳し. 自伝ですが、リーナス・トーバルズの「それがぼくには楽しかったから」(小プロ・ブックス)。 コンピューターのOS(コンピューターを動かす仕組みのようなもの)には、ウィンドウズ、マッキントッシュなどのほか、リナックスというものがあります。. 『それがぼくには楽しかったから』(原題:Just for Fun: The Story of an Accidental Revolutionary、「ただ楽しみのため: 意図せず生まれた革命(家)の物語」の意)とは、Linuxカーネルの生みの親である開発者リーナス・トーバルズに関する滑稽な自伝である。. 芸術的なやり方から、そうでないのま. デイビッド・ダイヤモンドとの共著、 それがぼくには楽しかったからを読んだ。. リーナスは「それがぼくには楽しかったから」Linuxを作り、家族や学校や社会のみんながそれを暖かく見守った。ただそれだけのことで、世界が変わったのです。 もう一度繰り返します。 それが役に立つかどうかに関わらず、その存在をただ認めてあげる.

それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 (小プロ・ブックス) 作者: リーナストーバルズ,デビッドダイヤモンド,風見潤,中島洋 出版社/メーカー: 小学館プロダクション 発売日: /05/10 メディア: 単行本 購入: 20人 クリック: 282回; この商品を含むブログ (139件) を. リーナス・トーバルズ&デビッド・ダイヤモンド「それがぼくには楽しかったから」 訳は、風見潤さん。 リナックスOSの生みの親、リーナス・トーバルズさんの自叙伝。 フィンランドでの生い立ち・・スウェーデン出身の少数民族だったトーバルズ家や 両親とも共産党員でお金もうけに対して. 関連リンク/出典 Related Links / Sources NDL|VIAF) 出典 Sources それがぼくには楽しかったから / リーナス・トーバルズ, デイビッド・ダイヤモンド 著 ; 風見潤 訳 ; 中島洋 監修.

『それがぼくには楽しかったから』(原題:Just for Fun: The Story of an Accidental Revolutionary、「ただ楽しみのため: 意図せず生まれた革命(家)の物語」の意)とは、Linuxカーネルの生みの親である開発者リーナス・トーバルズに関する滑稽な自伝である。. リーナス トーバルズ 「それがぼくには楽しかったから」 (08/25) NIRVANA の影響を受けたロックバンドたち (08/23) ソーシャルネットワーキングサービス 「gree」 は、出会った系? (08/22). Webcat Plus: それがぼくには楽しかったから : 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実, ひとりのオタクの部屋から生まれたプログラムは世界、宇宙までも巻き込んだ!

(和訳版)リーナス・トーバルズ, デビッド・ダイヤモンド 風見潤 訳: それがぼくには楽しかったから, 東京, 小学館,, isbn脚注 脚注の使い方. 「それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実」リーナス・トーバルズ オススメ度 ★★★☆☆ 3/5 リーナス・トーパルズはヘルシンキ大学在学中にOSを作り始めた。. 訳:風見 潤. 生年 Date of Birth 1969.

リーナス・トーバルズ&デビッド・ダイヤモンド「それがぼくには楽しかったから」訳は、風見潤さん。 リナックスOSの生みの親、リーナス・トーバルズさんの自叙伝。 フィンランドでの生い立ち・・スウェーデン出身の少数民族だったトーバルズ家や両親とも共産党員でお金もうけに対して. それがぼくには楽しかったから (小プロ・ブックス) 作者: リーナストーバルズ,デビッドダイヤモンド,風見潤; 出版社/メーカー: 小学館プロダクション; 発売日: /05/10; メディア: 単行本; 購入: 20人 クリック: 282回; この商品を含むブログ (139件) を見る. リーナス トーバルズ; 作家リーナス トーバルズはその素晴らしい作品で世界中に知られています。 彼は長い間ビジネス・経済, itのスクリプトも書きました。 リーナス トーバルズは傑出した仕事をしており、暇なときにしか本を書いていないことに注意し. 12; さ行; ら行(編著者).

それで、ここを読んでいて私の尊敬するリーナストーバルズが伝記的な本を出してたなと思い出して、それがぼくには楽しかったからを買ってみました。今回はその感想になります。 本の生まれた時代的な. リーナス・トーバルズとそれがぼくには楽しかったから &183; 続きを見る &187;. それがぼくには楽しかったから : 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 著者 リーナス・トーバルズ, デイビッド・ダイヤモンド 著 ; 風見潤 訳 ; 中島洋 監修. それがぼくには楽しかったから : 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 フォーマット: 図書 責任表示: リーナス・トーバルズ ; デイビッド・ダイヤモンド著 ; 風見潤訳 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 小学館プロダクション,. それがぼくには楽しかったから (小プロ・ブックス) 作者: リーナストーバルズ,デビッドダイヤモンド,風見潤 出版社/メーカー: 小学館プロダクション 発売日: /05/10 メディア: 単行本 購入: 20人 クリック: 282回 この商品を含むブログ (139件) を見る 研究で使うサーバを構築しないといけ. 最後の方にリーナスが生きる哲学を語っているから、それも色々と考えさせられる。 senahate:23 それがぼくには楽しかったから リーナス・トーバルズ、デイビッド・ダイヤモンド. リーナス・トーバルズさんにインタビューしたんだよなあ」 リーナスさんは、当時和訳されたばかりの自著 「それがぼくには楽しかったから」 のプロモーションのため来日されました。 そして、私は、某オンライン書店の仕事で、. 『それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実』リーナス・トーバルズ、デイビッド・ダイヤモンド著、風見潤訳、小学館プロダクション、/5 リーナス・トーバルズ 1969年、フィンランド生まれ。.

生みの親がはじめて語るリナックス哲. 家族にはジャーナリストが多い。 経済的には苦労して育ったらしい。. リーナス トーバルズ (著), デビッド ダイヤモンド (著), 風見 潤 (翻訳), 中島 洋 (監修) 「それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実」(小プロ・ブックス)単行本 – /5/10. それがぼくには楽しかったから : 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 リーナス・トーバルズ, デイビッド・ダイヤモンド 著,風見潤 訳,中島洋 監修. リーナス・トーバルズ他 『それがぼくには楽しかったから』(小学館) まつもとゆきひろ他 『オブジェクト指向スクリプト言語Ruby』(アスキー) 講義資料: 講義レジメIT投資と日本経済・ITと地域経済(PDFファイル). それがぼくには楽しかったから: 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 リーナストーバルズ, デイビッドダイヤモンド 小学館プロダクション, - Computer programmers - 383 pages. それがぼくには楽しかったから (小プロ・ブックス) 作者: リーナストーバルズ,デビッドダイヤモンド,風見潤; 出版社/メーカー: 小学館プロダクション; 発売日: /05/10; メディア: 単行本; 購入: 20人 クリック: 282回; この商品を含むブログ (143件) を見る.

5 Description: 383p ; 20cm Authors:. リーナス・トーバルズ – それがぼくには楽しかったから 年12月22日 / しろいわ. それがぼくには楽しかったから リーナス・トーバルズ。言わずと知れたLinuxの生みの親だ。本書ではトーバルズ自身の手により,子供時代のエピソードからLinuxを作るに至ったきっかけ,そしてLinuxが“爆発”してきた中で,彼が何を考え,何をしてきたのか. この一文は、「序章 人生の意味Ⅰ」にリーナス氏が. 今や全世界的なものになったその 成功の秘密を彼自身から聞くことができる一冊。 【作者リーナス・トーバルズに関して】1969年、フィンランド生まれ。ヘルシンキ大学在学中に、"Linux"というコンピュータのOS(基本ソフトウェア)を開発する。. それがぼくには楽しかったから (小プロ・ブックス)作者: リーナストーバルズ,デビッドダイヤモンド,風見潤出版社. 『それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実』 リーナス・トーバルズ、デービッド・ダイヤモンド著、風見 潤訳 小学館プロダクション/1800円(税別).

*リーナス・トーバルズ*((Linus Benedict Torvalds,1969年〜))氏は,フィンランド出身のプログラマーである。 主に Linux や Git の開発で知られる。. 坂村 健(さかむら けん、1951年7月25日 - )は、日本のコンピュータ科学者、コンピュータ・アーキテクト。. 【メール便送料無料、1日~2日以内に出荷】。【中古】 それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実 / リーナス トーバルズ, デビッド ダイヤモンド, 風見 潤 / 単行本【メール便送料無料】【あす楽対応】. それがぼくには楽しかったから リーナス・トーバルズ/著 小学館プロダクション 【おすすめのポイント】 Linuxの開発者、リーナス・トーバルズの自伝。. Linuxの開発者として有名なリーナス・トーバルズの自伝+ジャーナリスト視点からのリーナス像を描いた本です。 この本が発売された年に、私はこの本を読みました。. リーナス・トーバルズ、デビッド・ダイヤモンド『それがぼくには楽しかったから 全世界を巻き込んだリナックス革命の真実』(風見潤訳)小学館プロダクション、年. リーナストーバルズ著 「それが僕には楽しかったから」です。 to/2D4M99r それが僕には楽しかったから【リーナストーバルズ著】 この本は個人的にはかなりいい刺激になりました。 まず、この本のタイトルが良いですよね。. トーバルズ, リーナス.

それがぼくには楽しかったから - リーナス トーバルズ

email: egedy@gmail.com - phone:(687) 802-7273 x 3854

片岡良一著作集 大正文学研究・昭和文学序説 第8巻 - 片岡良一 - 裏社会の住人が見た芸能人の秘密 劇画マッドマックス編集部

-> 母が鼻歌まじりに - 黒澤京子
-> ゼロからスタート英会話 - 妻鳥千鶴子

それがぼくには楽しかったから - リーナス トーバルズ - 実現への道 ジグラー


Sitemap 1

私の歌舞伎遍歴 - 渡辺保 - 憲法史と憲法解釈